Basic English*基礎英会話

英語初心者向け|独学で英会話を学ぶためのおススメ3つのポイント

英語を話したい、
英語を学びたい、

けど英語レッスンには行けない、
時間がない、
お金もない、
けど英会話のスキルはあげたい・・

そう思っている
英語初心者向けに
おススメ勉強法3つをお伝えします。

初心者が英語を独学で学ぶための3つのおススメ勉強法・ポイント

1.時間短縮/隙間時間を活用・継続すること

とにかく毎日継続し学べる時間を最低15~20分は確保すること。
※あくまで最低限の目安です。多ければ多いほど良いのは言うまでもないです。

これが出来なければ、難しいと思ってください。

・学生さん
・社会人
・専業主婦
・フリーター
など、

時間に追われ、家事に追われ、仕事に追われ、
時間はみな平等にあり、限られています。有効活用しましょう。

時間は1日20分くらいは誰でも確保できるはず

時間を作ってください。
英語に触れる機会を必ず毎日作る事。
隙間時間を使って出来るツールを探しましょう。

電車の中、
図書館の中、
カフェで・・
育児をしながら・・・

それだけでも1年後だいぶ違う自分に出会えます。
自分に合った状況で、使える時間を必ず毎日探して実践しましょう。

2.聞く→話すを繰り返す

まずは、自分の好きなことから始めるといいと思います。

毎日聞いても苦にならなく、
生活の一部になっているもので、
英語を使える場面を作ります。

趣味の時間でもいいです。
仕事の時間でもいいです。

そして、自分で聞こえたままに声に出す事

そう、アウトプットを行うということです。

早く上達するためには、
聞く→話すを繰り返すことで早くなります。

ある意味、言語を話し出す赤ちゃんのように、
聞いたままの音を声に出す(真似する)だけで、
英語の上達は格段と上がります

(継続は必須ですよ★)

聞き流すだけではなく、
きちんとどういうことをいっているのか、
何を伝えているのか、
分からない単語が聞こえてきても、
聞いたまま意味を考えずに声に出す事。
その後調べてまた、リピートします。
その繰り返しです。

英会話のスキルアップは、
インプット→アウトプットのリピートです。

3.海外動画やアプリ(無料)の有効活用

今の時代は本当に優れています。
インターネットがあるし、携帯があるし、
英語を学ぶのには最高の環境なのです。

なので、
時間のない主婦でも、
残業に忙しいサラリーマンでも、
お金に貧しい学生さんでも、
誰でもフリーで好きな時に学べるツールを活用する事です。

言い換えれば、
実践の数を多くこなすということです。

実は、英語を話すのに近道などありません。
ただ、どれだけ練習・会話をしているか=アウトプット数が多いかに比例しているのです。

アウトプットをしていない人は、いくらインプット量が多くても、
いくら勉強しても、絶対、英語が話せるようにはなりません

とにかく喋る・喋る・喋る
これしかないのです。

そこでおススメなのが、今はネット黄金の時代、

・YouTube
・オンライン英会話
・携帯アプリ

を有効活用することです。

これらを使わない手はありません。

以下の記事で詳しく書いているので、参考にしてみてください。

★携帯アプリ⇒:【2018年度】英語学習におススメの英語アプリは?

★ネット動画⇒【2018年度】見なきゃ損!今が旬のYouTube動画で学ぶ英会話BEST10

★オンライン英会話⇒【IoT時代】独学で英語を話せるようになるベストな学習法・オンライン英会話のすすめ

★YouTubeおススメ⇒【2018年度】見なきゃ損!今が旬のYouTube動画で学ぶ英会話BEST10

英語を独学で学ぶために必要な3つのポイント

1.なぜ英語が必要なのか理由を洗い出せ

まずは、なぜ英語が必要なのか?
学びたい理由は何なのかを洗い出すこと。

目的を明確にするということです。

例えば、
・海外出張で短期間(数日)必要だから
・海外旅行に行くから
・仕事で海外の人と働くから
・将来的な長期スパンとして必要だから

・・・など、
英語を学ぶ理由をまず知る事

そうすることで、英語を学ぶ方法や期間も変わってきます。
海外出張→必要なビジネス英会話(ビジネス挨拶・商品営業・プレゼンなど)を短期間で集中して覚える、
海外旅行→旅行英会話(挨拶・空港・宿泊先・飲食店)に集中して学ぶ。

など、

短期的なのか、
長期的に必要なのか、

またジャンルは

基礎英会話なのか、
ビジネス英会話なのか、

自分で目的から洗い出し、
その目的に合ったパターンを集中して覚える事です。

2.一つのパターンからバリエーションを増やしていく

基礎英会話で初心者がスタートさせるのは、

・挨拶
・自己紹介

からスタートです。

まずは、挨拶だけでも

Hello

だけではないですよね。

・How are you?
・What’s up?
・How have you been?

など、色々と同じ挨拶でも
バリエーションがあります。

その一つのパターンからバリエーションを増やす事です。

趣味を英語で学びたいのであれば、

例えば『料理(魚)』、

・焼き魚
・お刺身
・魚スープ

など料理の種類から、

・焼く
・煮る
・揚げる

など料理法を文章で変えるだけでも違います。

そうやって一つのパターンを
少しづつ広げていく練習をしていくと効果大です。

・挨拶
・自己紹介

サラリーマンであれば、
・自社製品の魅力
・自社商品の使用法

など、自分の目的に応じたものを
短期的に集中し繰り返すことで、
必要な英会話のフレーズを絞って覚えれば、
基礎英会話はある程度3カ月で話せるようになります。

3.ネイティブの英語スピードや音に慣れる

英語初心者にとっての最初の壁は、
道行く外国人に英語で声かけられて、
ビビッてしまうこと、ですねw

怖がる必要はないです、同じ人間ですw

けど、なんて言っているのか、
何を話せばいいのか、

ということで戸惑っていると思います。
その壁を取るためにも、
ネイティブスピーカーの話す音(会話のスピード、速さ)に
聞きなれていることが、大事です。

赤ちゃんが、
お父さんお母さんの会話を聞いて
同じように話すのは、

耳から入り、音に慣れ、同じように真似をするから。

なので、普段の生活で慣れていない音は、
瞬時にビビるものなのです。自然なのです。

2020東京オリンピックでは
あっちにもこっちにもきっと、外国人だらけですw

今のうちから自然な音に慣れておきましょう。

きっと自然体な自分でいられることにびっくりするはず!!

英語を学ぶのに必要なマインド

とにかく、必要なマインドは自分の伝えたいことを喋ろうと思う強い心

絶対喋れるようになるんだ!という強い意志と、
負けない継続力と、あとは積極性をもつことです。

これだけです。

マインドって、その人の気持ちのもちようです。

意思が弱ければ、
継続することも、
目的をもって学ぶことも、
相手の気持ちを知ろうとすることも(何を伝えようとしているのか)
出来ませんし、きっと喋れるようにはなりませんし、
それくらいの気持ちだってことです。

人は本当に必要になったシチュエーションにならないと、
何が今必要なのかを感じる事はできません

気づいてからじゃ遅いのですが、、、

なので、私がここで伝えていることも、
あなた自身の気持ちが強くなければ、何も響きません。

それをサポートすることは出来ますが、
英語を喋れるようになるという意思を強く持ち、
負けずと継続し、実際に壁を超えるまで、
英語脳をつかむまでは、

あなた自身によるマインドです

継続すること

繰り返しになりますが、
語学を習得するのもそうですが、
色んな事に対してもいえますよね、継続力

継続する力がないと、何事も続きませんし力になりません。

石の上にも3年という言葉は、本当にその通り。凄い言葉です。

マラソンに似ていると思います。
苦しくても自分に負けずとゴールを目指す。
そんなイメージですね。

自分自身との闘いなのですから。

継続は力なり、です。

最後に・・・インプット1割/アウトプット9割

最後に、これだけは覚えておいて欲しいです。

英語を話せるのに力は関係ありません。

強い意志と、

強い継続力と、

情報・知識のインプット(頭に入れる)、

そして、90%のアウトプット(実践)です。

それが実行できるか出来ないかは、あなた次第なのです。

Good Luck!!!!!!!!!!!!